トップページ >> 北海道医療ニュース
北海道医療ニュース 2020年(令和2年)10月30日付

北海道医療新聞社 10/30(金)配信

20年度医師マッチング7年連続で300人超


 医師臨床研修マッチング協議会が公表した2020年度マッチング結果によると、本道は参加57病院(前年度比3病院増)、募集定員454人(8人減)に対し、内定者数は29人減の322人となった。7年連続300人台となったが、7年間では最も少ない。臨床研修病院の内定者数は過去最多だった前年度を1人上回る252人、全体に占める割合も過去最高の78.3%(6.8ポイント増)に達する一方、3医育大は計30人減の70人(30人減)で、10年度の81人を下回って過去最少だった。

人材紹介手数料が経営圧迫「高い」99%


 福祉医療機構(WAM)の「病院の人材紹介手数料に関するアンケート調査」によると、7割以上の病院が人材紹介会社を利用しているが、支払手数料に対して99%が「高い」と認識し、サービス内容については「不満」が7割近くを占めた。また、一般病院の医業収益対医業利益率(経営分析参考指標18年度決算)が1.8%に対し、医業収益に占める人材紹介手数料の割合は0.38%で、経営上の負担となっていることが分かった。

マッチング大学病院結果旭医大2年連続で出身者100%


 医師臨床研修マッチング協議会が公表した2020年度マッチ結果で、防衛医大を除く全国81大学病院本院は、募集定員3849人(前年度比126人減)に対し、内定者数も126人減の2804人、定員充足率は72.9%(1.0ポイント減)だった。道内3医育大は定員138人(19人減)、内定者数が過去最少の70人(30人減)、充足率は全国平均より20ポイント以上低い50.7%(13.0ポイント減)。

北海道医療センター神経筋・成育センター開設


 西区の北海道医療センター(菊地誠志院長・672床)は、渡島管内八雲町・国立八雲病院から筋ジストロフィーと重症心身障害患者を受け入れ、隣接地に5階建ての「神経筋・成育センター」を開設した。
 廃止となった八雲病院の石川幸辰院長が副院長、石川悠加診療部長が神経筋・成育センター部長にそれぞれ就任。筋ジス116床、重度心身障害56床の計172床を移設し、筋ジス病棟を2階と3階(各58床、短期入所・空床型2床)、重度心身障害病棟を4階(56床、同4床)に配置した。

北海道医療ニュース一覧

2020年10月23日(金)

医師適合率5年連続90%台

2016年09月02日(金)

道内透析患者、初の減少

2016年01月01日(金)

動き出した国際化

2015年04月17日(金)

道、周産期医療の実態把握へ

2015年03月06日(金)

道、女性医師支援強化へ

北海道・札幌で転職をお考えの看護師の皆さま、まずはキャリア・フォースへお気軽にご相談ください。

「新しい職場で心機一転チャレンジしたい!」「給与・待遇アップを目指したい!」「自分や家族の希望を優先した無理のない働き方をしたい!」など、あなたの置かれている環境によってお仕事選びの基準は変わってくるものです。キャリア・フォースでは専任コンサルタントがあなたを担当し、情報収集から面接の設定、条件交渉など転職活動全般をしっかりとサポートします。だからこそ在職中で忙しい看護師さんも希望する職場へと安心して転職することができるのです。まずはお気軽にご相談ください。

職業紹介派遣 無料仮登録 開業支援事業

個人情報保護方針 Q&A 関連リンク 会社概要

お問い合わせ TEL.011-736-1113