トップページ >> 北海道医療ニュース
北海道医療ニュース 2020年(令和2年)1月1日付

北海道医療新聞社 01/01(水)配信

第1部地域医療構想を推進 果たす役割、機能強化へ


 地域医療構想で具体的対応の再検証を要請する公立・公的等424病院が昨秋、公表された。突然の病院名発表は、医療関係者だけでなく、地域住民にとっても衝撃と動揺を与えた。「骨太方針2019」に盛り込まれている地域医療構想の促進のウルトラCとして出され、厚生労働省は民間病院の分析データ公表も明らかにした。
 圏域ごとの調整会議の活性化に向け、道は、人口減少を見据えた急性期機能の集約化や病院の再編・統合、回復期機能の確保、各機能間の病院連携強化、在宅医療の提供体制確保などを重点課題に掲げ、役割分担・連携の推進へ、定期的な意見交換の場の確保とデータ提供などにスピード感を持って取り組めるよう進めている。
 新しい道医療計画や介護保険事業(支援)計画、医師等の働き方改革に向けた取り組み推進などに加えて、2020年度からは医師確保計画、外来医療計画が新たにスタートする。地域の諸課題解決のために、医療需要や地域・患者ニーズの変化に適切対応できる、先を見据えた機能充実が求められている。
 新春号では、新改革プランの取り組み推進や経営改善、慢性期へのシフト、専門分野の充実等を目指して、地方独立行政法人へ移行した、公立・公的病院等をはじめ、道内で初めて全床を地域包括ケアにして運営する医療機関の動きを追った。連載企画の「和衷協同」では、道南で病院から介護医療院に初めて転換、全人的に診る緩和ケアを柱に在宅展開、医療と介護の一体的サービスを進める医療機関(法人)の活動を紹介する。

【公立・公的医療機関】
●苫小牧市立病院
●士別市立病院
●広尾町国保病院
●小樽協会病院

【地域包括ケア病院】
●道東の森総合病院(北見市)

【和衷協同】
●竹田病院(函館市)
●活き粋在宅クリニック(北広島市)
●オホーツク勤医協北見病院

 

第2部新春随想

第3部新春インタビュー 旭医大病院古川博之院長「高度化・国際化さらに推進」


 わが国における最北の特定機能病院であり、道北・道東の最後の砦として高度先進医療を担う旭医大病院(古川博之院長・602床)。2019年は念願だった生体腎移植を初実施し、中国からの健診患者を受け入れるなど、さらなる高度化や国際化を進めている。古川院長に現在進行形の取り組みや、20年以降の展望を聞いた。(インタビューは19年11月29日)
 

第3部新春随想

北海道医療ニュース一覧

2020年10月23日(金)

医師適合率5年連続90%台

2016年09月02日(金)

道内透析患者、初の減少

2016年01月01日(金)

動き出した国際化

2015年04月17日(金)

道、周産期医療の実態把握へ

2015年03月06日(金)

道、女性医師支援強化へ

北海道・札幌で転職をお考えの看護師の皆さま、まずはキャリア・フォースへお気軽にご相談ください。

「新しい職場で心機一転チャレンジしたい!」「給与・待遇アップを目指したい!」「自分や家族の希望を優先した無理のない働き方をしたい!」など、あなたの置かれている環境によってお仕事選びの基準は変わってくるものです。キャリア・フォースでは専任コンサルタントがあなたを担当し、情報収集から面接の設定、条件交渉など転職活動全般をしっかりとサポートします。だからこそ在職中で忙しい看護師さんも希望する職場へと安心して転職することができるのです。まずはお気軽にご相談ください。

職業紹介派遣 無料仮登録 開業支援事業

個人情報保護方針 Q&A 関連リンク 会社概要

お問い合わせ TEL.011-736-1113