トップページ >> 北海道医療ニュース
北海道医療ニュース 2019年(令和元年)7月19日付

北海道医療新聞社 07/19(金)配信

道内医療機関の防災体制調査、自家発電8割が設置

 道が実施した医療機関における防災体制に関する調査で、自家発電設備(可搬式発電機を含む)がある病院は92%、有床診療所は41%と、全体では8割近くを占めていることが分かった。飲用可能な水を備蓄する受水槽設置は6割強、医薬品や医療材料、医療用ガスの備蓄は7割弱。一方で転院先など支援を受ける医療機関が決まっているのは4分の1、BCP(事業継続計画)策定は2割程度にとどまっている。
 備蓄は、医薬品67.2%、医療材料65.4%、医療用ガス65.6%。「入院患者用の一般食(特別食以外)は何日分確保しているか」との質問では、1〜3日分が59.5%(病院67.2%、有床診42.6%)、4〜6日分が13.2%(17.2%、4.6%)、7日分以上が3.2%(2.6%、4.6%)となり、食料が枯渇するおそれがある場合の対応を決めているのは3割程度だった。
 

「こどもホスピス」普及を、全国サミット札幌で開催

札幌国際シンポ、統合がん解析で活発討論

大学・病院・介護施設、月寒に拠点集約─つしま医療福祉グループ

砂川市立が急変シミュレーション検証、新人の初期対応で成果

北海道医療ニュース一覧

2020年10月23日(金)

医師適合率5年連続90%台

2016年09月02日(金)

道内透析患者、初の減少

2016年01月01日(金)

動き出した国際化

2015年04月17日(金)

道、周産期医療の実態把握へ

2015年03月06日(金)

道、女性医師支援強化へ

北海道・札幌で転職をお考えの看護師の皆さま、まずはキャリア・フォースへお気軽にご相談ください。

「新しい職場で心機一転チャレンジしたい!」「給与・待遇アップを目指したい!」「自分や家族の希望を優先した無理のない働き方をしたい!」など、あなたの置かれている環境によってお仕事選びの基準は変わってくるものです。キャリア・フォースでは専任コンサルタントがあなたを担当し、情報収集から面接の設定、条件交渉など転職活動全般をしっかりとサポートします。だからこそ在職中で忙しい看護師さんも希望する職場へと安心して転職することができるのです。まずはお気軽にご相談ください。

職業紹介派遣 無料仮登録 開業支援事業

個人情報保護方針 Q&A 関連リンク 会社概要

お問い合わせ TEL.011-736-1113