トップページ >> 北海道医療ニュース
北海道医療ニュース 2018年(平成30年) 9月28日付

北海道医療新聞社 09/28(金)配信

医師マッチング本道中間公表、1位希望10人減の301人

 医師臨床研修マッチング協議会は、2018年度マッチングの中間公表時点における希望順位表登録者数(1位希望参加者数)をまとめた。本道は、前年度の中間公表時に比べて3医育大病院計が9人増の80人、マッチングに参加した臨床研修病院52病院計が19人減の221人、合計は301人となった。300人台は4年連続。
 病院別で1位希望者を確保できたのは、前年度から5病院減の40病院、うち定員を超えたのは1病院増の8病院、定員ちょうどは6病院少ない6病院となっている。

 

14年新規がん患者、過去最多の86.7万人に

 国立がん研究センターは、2014年に新たにがんと診断された患者数は男性50万1,527人、女性36万5,881人の計86万7,408人で、前年から3.5%、4,956人増え過去最多となったと発表した。部位別では、大腸が胃を抜いて1位となった。
 人口10万対の年齢調整罹患率は男429.4(前年比0.6%増)、女300.7(1.5%増)の計354.6で、1.0%増加した。
 部位別における性別罹患数みると、男性は胃、肺、大腸、前立腺、肝臓、女性は乳房、大腸、胃、肺、子宮の順に多かった。

北大電子研・榎木准教授ら、短周期体内時計の脳領域特定

 北大電子科学研究所の榎木亮介准教授らの研究グループは、30分〜4時間程度の短周期体内時計である「ウルトラディアンリズム」を生み出す脳領域が、視床下部の室傍核と傍室傍核領域に存在し、ウルトラディアンリズムの発生には神経細胞ネットワークの同期活動が重要であることを発見した。米国科学アカデミー紀要(PNAS)オンライン速報版に、18日付で公表された。
 体内時計にはウルトラディアンリズムのほか、約24時間周期のサーカディアンリズム(概日リズム)があり、概日リズム中枢は視床下部の視交叉上核に存在。網膜を介して光情報を受け、固有周期を24時間に調節し、全身の細胞や臓器に統一の取れたリズム情報を伝達する。

 

石狩市・花川、平地見守り歩行早期に実現─リハ支援ロボットで成果

 石狩市の花川病院(竹川節男理事長、憲克彦院長・180床)は、リハビリテーション支援ロボット「ウェルウォーク」を2017年10月に導入。18年7月までに麻痺患者25人で使用したところ、毎回訓練時に安定して十分な歩行量が得られ、平地での見守り歩行が当初の予想よりも早くできるなど、軽度、重度問わず良好な成果を上げた。
 大手自動車会社が開発した同装置は、トレッドミルや歩行訓練用体重免荷装置、モニター等が一体となった本体と、膝の曲げ・伸ばし動作を補助するロボット脚で構成。

 

北海道医療ニュース一覧

2020年10月23日(金)

医師適合率5年連続90%台

2016年09月02日(金)

道内透析患者、初の減少

2016年01月01日(金)

動き出した国際化

2015年04月17日(金)

道、周産期医療の実態把握へ

2015年03月06日(金)

道、女性医師支援強化へ

北海道・札幌で転職をお考えの看護師の皆さま、まずはキャリア・フォースへお気軽にご相談ください。

「新しい職場で心機一転チャレンジしたい!」「給与・待遇アップを目指したい!」「自分や家族の希望を優先した無理のない働き方をしたい!」など、あなたの置かれている環境によってお仕事選びの基準は変わってくるものです。キャリア・フォースでは専任コンサルタントがあなたを担当し、情報収集から面接の設定、条件交渉など転職活動全般をしっかりとサポートします。だからこそ在職中で忙しい看護師さんも希望する職場へと安心して転職することができるのです。まずはお気軽にご相談ください。

職業紹介派遣 無料仮登録 開業支援事業

個人情報保護方針 Q&A 関連リンク 会社概要

お問い合わせ TEL.011-736-1113