トップページ >> 北海道医療ニュース
北海道医療ニュース 平成28年(2016年)1月22日付

北海道医療新聞社 01/22(金)配信

16年度改定骨子、地域包括ケア病棟 包括範囲等見直しへ


 中医協総会は2016年度診療報酬改定の骨子をまとめた。社会保障審議会医療保険部会・医療部会がまとめた基本方針を踏まえ、重点課題である「地域包括ケアシステムの推進と医療機能の分化・強化、連携」など各視点から評価等の方向性を提示。委員の考え方が分かれていた地域包括ケア病棟入院料は、包括範囲等を見直すとした。
 急性期の入院医療は、「重症度、医療・看護必要度」の項目や重症患者割合の見直し、「7対1」から「10対1」へ転換する際の病棟群単位での届け出の仕組みづくりなど、これまでの論点にほぼ順ずる内容が盛り込まれた。

札幌に「こどもホスピス」を、医療・教育関係者らが初のシンポ


 小児がんや重い障害、難病などとたたかう子どもたちとその家族が、遊びや学び、さまざまなことの実現、レスパイトケアもできる「こどもホスピス」。英国で設立された「ヘレン&ダグラスハウス」をきっかけに世界に広がる中、道内の小児科医やがん専門医、教育、福祉関係者らが、札幌での開設を目指してシンポジウムを初めて開いた。
 主催は「北海道にこどもホスピスをつくる会」。佐藤貴虎旭川大短大部幼児教育学科教授が代表を務め、金田眞旭医大小児科助教、田巻知宏北大病院腫瘍センター診療准教授、土畠智幸医療法人稲生会理事長(生涯医療クリニックさっぽろ)らが準備を進めている。

道内開催の全国学会53件、日本小児科学会学術集会に6000人


 2016年に道内で開催を予定している全国規模の医学会・研究会は、53件になることが本紙まとめで分かった。5月に札幌で開かれる日本小児科学会学術集会は、31年ぶりの道内開催で、6,000人の参加が見込まれる。
 第119回日本小児科学会学術集会は、堤裕幸札医大小児科学講座教授を会長に、5月13日から3日間、ロイトン札幌、さっぽろ芸術文化の館の2施設で開催される。「輝く未来へ、子どもたちの懸け橋になろう!」をテーマとし、各専門領域を幅広くカバーするプログラムとなっている。

聖ヶ丘、高齢患者のストレス・幸福感を調査


 伊達市の聖ヶ丘病院(上原總一郎理事長・288床)は、高齢の入院患者にストレスと幸福感に関する調査を実施。病気よりも日常生活における周囲の環境に多くのストレスを感じ、幸福感は入浴、リハビリ、家族交流の順に高かった。これを踏まえて、在宅復帰後の生活も考えた個別性、多様性の高いリハビリ支援、ケアの質向上に努めている。
 全床療養で運営する同病院は廃用症候群予防、維持期リハビリに力を入れており、ハビリスタッフはPT22人、OT13人、ST10人が在籍。セラピストも病棟に配置して、看護職、介護職との連携、ベッドサイドケア充実に力を注いでいる。

北海道医療ニュース一覧

2020年10月23日(金)

医師適合率5年連続90%台

2016年09月02日(金)

道内透析患者、初の減少

2016年01月01日(金)

動き出した国際化

2015年04月17日(金)

道、周産期医療の実態把握へ

2015年03月06日(金)

道、女性医師支援強化へ

北海道・札幌で転職をお考えの看護師の皆さま、まずはキャリア・フォースへお気軽にご相談ください。

「新しい職場で心機一転チャレンジしたい!」「給与・待遇アップを目指したい!」「自分や家族の希望を優先した無理のない働き方をしたい!」など、あなたの置かれている環境によってお仕事選びの基準は変わってくるものです。キャリア・フォースでは専任コンサルタントがあなたを担当し、情報収集から面接の設定、条件交渉など転職活動全般をしっかりとサポートします。だからこそ在職中で忙しい看護師さんも希望する職場へと安心して転職することができるのです。まずはお気軽にご相談ください。

職業紹介派遣 無料仮登録 開業支援事業

個人情報保護方針 Q&A 関連リンク 会社概要

お問い合わせ TEL.011-736-1113