トップページ >> 北海道医療ニュース
北海道医療ニュース 平成27年(2015年)5月29日付

北海道医療新聞社 05/29(金)配信

「7対1」改定後届け出件数、小規模中心に1割強減少


 2014年度診療報酬改定から1年余り経過。施設基準が厳格化された一般病棟入院基本料「7対1」の本道における15日現在の届け出数は91件で、14年4月1日時点に比べ小規模を中心に11.7%(12件)減少、病床数も721床減の1万8,657床にダウンした。しかし、新規も3件あり、「10対1〜15対1」を合わせた全病床に占める割合は、依然5割以上と、大きな変化はみられない。

認知症ケア「新時代へ」、札幌で全国学会


 「認知症の人の輝く世界」をテーマに、第16回日本認知症ケア学会大会(大会長・山田律子道医療大看護福祉学部教授)が23、24日に札幌市で開催された。特別講演「これからの認知症ケアに望むこと」では、佐々木健きのこエスポワール病院院長、中島紀惠子道医療大名誉教授、長嶋紀一日大名誉教授が鼎談。認知症者自身の自立も考えた新しい時代に対応するケア推進や、地域で支える専門職の質、技術の向上などを訴えた。

摂食嚥下リハ研修会で栢下氏、形態調整食の標準化を


 第15回摂食嚥下リハビリテーション道地区研修会(会長・生駒一憲北大病院教授)が札幌市で開かれ、県立広島大健康科学科の栢下淳教授が講演。高齢者への形態調整食は低栄養になりやすいため、防止策として日本摂食・嚥下リハビリテーション学会の「嚥下調整食分類2013」を活用し、臨床現場における形態調整食の標準化を求めた。

函館・雄心会が道外進出、新青森病院を17年オープン


 函館市の医療法人雄心会(伊藤丈雄理事長)は、2017年5月オープンを目指し、青森市で「新青森病院(仮称)」の建設に7月着手する。北海道新幹線の16年春開業を見据えた、本道医療法人の道外進出例として注目される。
 新病院は、同法人が13年に事業継承した青森市の近藤病院(104床)と渡辺病院(87床)を統合して移転開設する。建設地は東北新幹線新青森駅西口で、S造地下1階地上7階建て延べ1万7000平方メートル。

北海道医療ニュース一覧

2020年10月23日(金)

医師適合率5年連続90%台

2016年09月02日(金)

道内透析患者、初の減少

2016年01月01日(金)

動き出した国際化

2015年04月17日(金)

道、周産期医療の実態把握へ

2015年03月06日(金)

道、女性医師支援強化へ

北海道・札幌で転職をお考えの看護師の皆さま、まずはキャリア・フォースへお気軽にご相談ください。

「新しい職場で心機一転チャレンジしたい!」「給与・待遇アップを目指したい!」「自分や家族の希望を優先した無理のない働き方をしたい!」など、あなたの置かれている環境によってお仕事選びの基準は変わってくるものです。キャリア・フォースでは専任コンサルタントがあなたを担当し、情報収集から面接の設定、条件交渉など転職活動全般をしっかりとサポートします。だからこそ在職中で忙しい看護師さんも希望する職場へと安心して転職することができるのです。まずはお気軽にご相談ください。

職業紹介派遣 無料仮登録 開業支援事業

個人情報保護方針 Q&A 関連リンク 会社概要

お問い合わせ TEL.011-736-1113