トップページ >> 北海道医療ニュース
北海道医療ニュース 平成27年(2015年)2月20日付

北海道医療新聞社 02/20(金)配信

北海道大野記念病院新築 28年11月オープン へ


 釧路市で釧路孝仁会記念病院などを運営する社会医療法人孝仁会(齋藤孝次理事長)は、札幌市西区宮の沢2条1丁目で「北海道大野記念病院」の新築工事に16日から着手した。28年10月竣工、11月オープンを目指す。
 新病院はRC造7階建て延べ2万7,000平方メートル。病床数は276床で、各種放射線治療装置や血管撮影装置、ハイブリッド手術を整備。CT、MRIは検査室と術場にそれぞれ配置し、PET―CTの導入に合わせて、専用のサイクロトロンも設置するという。

道南ドクヘリ、初の2機体制で就航


 道央、道北、道東に次ぐ道南ドクターヘリが16日、運航スタートした。函館を拠点に道南3次医療圏を片道30分以内でカバーするとともに、格納庫に2機を配置して安定した運航を図っていく。本道でドクターヘリ空白地域はほぼ解消されたことになり、迅速な搬送による救命率向上と、地域医療の格差改善が期待される。
 道南の基地病院は、市立函館病院(吉川修身事業管理者、木村純院長・668床)。重症患者の受け入れ強化へ、休床中の病棟を改修し、HCUを8床増の30床体制に拡充するとともに、患者搬送の動線を確保するため、屋上ヘリポートに直結するエレベーターを整備した。

医療・福祉職能団体懇、言語聴覚士の実態報告


 道内35団体が集う第32回医療・福祉関係職能団体等懇談会が札幌市で開かれた。道言語聴覚士会の小橋透会長は、言語聴覚士(ST)の臨床実習施設が不足している現状や、臨床実習が学生のストレスとなっており、受け入れ施設や実習指導者の負担感も増している実態を報告。クリニカルクラークシップ導入や評価様式の統一化などを検討していることを明らかにした。
 小橋会長は「学生が臨床実習でつまずき、留年や退学につながっているケースが少なくない」と説明した。

北大核医学、メチオニンPETの臨床研究開始


 北大は、放射線治療後の脳腫瘍再発を判別する「炭素11標識メチオニンによるPET診断(Met―PET検査)」の臨床研究を、同大病院で第3項先進医療(先進医療B)として開始した。従来の画像診断では難しかった脳腫瘍再発と放射線壊死を鑑別するほか、腫瘍の広がりの診断等に有用性が期待される。26年度中の症例登録99例を目指し、道内医療機関にも呼び掛けている。研究責任者は玉木長良核医学分野教授。

聖ヶ丘病院 キャプション評価法で環境整備


 伊達市の聖ヶ丘病院(上原總一郎理事長、辻寧重院長・288床)看護部は、都市景観評価に開発された「キャプション評価法」を活用して、看護職と介護職が連携しながら、気づきから取り組む環境整備にチャレンジ、効果を上げている。
 同法は観察、撮影、自由な書き込みによる参加型、行動型の評価手法。スタッフ個々が院内で気づいた「良い」「悪い」「気になる」場所を写真撮影して「どう思ったか」や「改善アイデア」を添え、『キャプションカード』にして提出する。

北海道医療ニュース一覧

2020年10月23日(金)

医師適合率5年連続90%台

2016年09月02日(金)

道内透析患者、初の減少

2016年01月01日(金)

動き出した国際化

2015年04月17日(金)

道、周産期医療の実態把握へ

2015年03月06日(金)

道、女性医師支援強化へ

北海道・札幌で転職をお考えの看護師の皆さま、まずはキャリア・フォースへお気軽にご相談ください。

「新しい職場で心機一転チャレンジしたい!」「給与・待遇アップを目指したい!」「自分や家族の希望を優先した無理のない働き方をしたい!」など、あなたの置かれている環境によってお仕事選びの基準は変わってくるものです。キャリア・フォースでは専任コンサルタントがあなたを担当し、情報収集から面接の設定、条件交渉など転職活動全般をしっかりとサポートします。だからこそ在職中で忙しい看護師さんも希望する職場へと安心して転職することができるのです。まずはお気軽にご相談ください。

職業紹介派遣 無料仮登録 開業支援事業

個人情報保護方針 Q&A 関連リンク 会社概要

お問い合わせ TEL.011-736-1113