トップページ >> 北海道医療ニュース
北海道医療ニュース 平成26年(2014年)11月21日付

北海道医療新聞社 11/21(金)配信

道医、病児・病後児預かり支援事業を開始


 道医(長瀬清会長)は、女性医師等支援相談窓口で23年度から展開している育児サポート事業の一環として、病児・病後児保育の利用に際し、料金の一部を負担する利用券の交付を開始した。0〜12歳の子どもを育てる道医会員が対象で、年間の利用額上限は3万円。道医では同事業を通じて、育児に励む医師の入会が増え、積極的に活用されることを期待している。
 子育て中の医師に対する各種調査で、子どもが病気の時の支援を望む声が、最も多いことを踏まえ、26年度事業としてスタート。育児と仕事を両立できる環境を整えて離職を防ぎ、地域における医師不足の解消や、医療の質向上に貢献するのが狙いだ。

道地域医療研究会、多職種連携テーマにシンポ


 道地域医療研究会(池田千鶴運営委員長)の定期研究会が札幌市で開かれ、「地域力をたかめる多職種連携」をテーマにシンポジウムを開催。ケア・カフェ(r)代表の阿部泰之旭医大病院緩和ケア診療部副部長、西十勝地域の輪代表の佐々木政人前田クリニックMSW、キャンナス釧路代表の竹内美妃看護師が地域での活動を報告し、会場の参加者らと意見交換を行った。
 阿部代表は、医療、介護、福祉に関わる人たちが気軽に集い、日常の困りごとを相談、語り合う場であるケア・カフェを紹介した。

ヘルニアを学ぶ会で蜂須賀氏、低侵襲でメッシュ薄く


 第7回日本ヘルニア学会道支部総会=通称ヘルニアを学ぶ会(当番世話人・高橋典彦北大病院消化器外科1講師)が札幌市で開かれ、市立四日市病院の蜂須賀丈博手術部長が特別講演。ヘルニアの歴史を振り返るとともに、より低侵襲でメッシュも薄くて軽いものが求められると、将来のヘルニア手術を展望した。

愛全病院、建て替え工事に着手


 札幌市南区の愛全病院(赤塚知以理事長、島崎孝志院長・609床)は、地域包括ケア構築を目指して、慢性期医療の充実、急性期後の患者受け入れ強化を図るために、建て替え工事に着手した。省エネ効果を高め、災害時にも力を発揮する地域支援、住民本位の病院づくりに取り組む。
 新病棟はRC造地下1階地上5階建て延べ約1万5,000平方メートルで、移転した特養サン・グレイス跡地の現病院南側に建設。8棟ある病棟のうち、5棟を取り壊し、一般病床(障害者施設等入院基本料)、回復期リハビリテーション病床を中心に391床を移す。

札医大病院、がん看護相談室開設


 札医大病院(山下敏彦院長・938床)は、外来がん患者のサポート充実へ、がん看護相談室を開設した。4月の診療報酬改定で新設された「がん患者指導管理料」の要件を満たした、看護師常駐の独立した相談室としては道内初の試みだ。
 同病院は、これまでにも医療連携・総合相談センターで、MSWが中心となって、がん患者の相談に対応してきたが、看護師は配置していなかった。

北海道医療ニュース一覧

2020年10月23日(金)

医師適合率5年連続90%台

2016年09月02日(金)

道内透析患者、初の減少

2016年01月01日(金)

動き出した国際化

2015年04月17日(金)

道、周産期医療の実態把握へ

2015年03月06日(金)

道、女性医師支援強化へ

北海道・札幌で転職をお考えの看護師の皆さま、まずはキャリア・フォースへお気軽にご相談ください。

「新しい職場で心機一転チャレンジしたい!」「給与・待遇アップを目指したい!」「自分や家族の希望を優先した無理のない働き方をしたい!」など、あなたの置かれている環境によってお仕事選びの基準は変わってくるものです。キャリア・フォースでは専任コンサルタントがあなたを担当し、情報収集から面接の設定、条件交渉など転職活動全般をしっかりとサポートします。だからこそ在職中で忙しい看護師さんも希望する職場へと安心して転職することができるのです。まずはお気軽にご相談ください。

職業紹介派遣 無料仮登録 開業支援事業

個人情報保護方針 Q&A 関連リンク 会社概要

お問い合わせ TEL.011-736-1113