トップページ >> 北海道医療ニュース
北海道医療ニュース 平成26年(2014年)5月30日付

北海道医療新聞社 05/30(金)配信

地域包括ケア病棟入院料・入院医療管理料、出足鈍く届け出5件


 急性期後の患者受け入れ充実等へ創設された「地域包括ケア病棟入院料・入院医療管理料」(地包ケア)の本道における届け出は15日現在で5件、7対1からの受け皿の役割を担う「在宅復帰機能強化加算」は2件など、26年度診療報酬改定で新設された項目への対応は総じて鈍い。医師事務作業補助体制加算については届け出病院の半数弱が「加算1」へ移行した。
 地包ケア1(60日まで2,558点)は、札幌同交会(札幌市中央区)、札幌共立五輪橋(同南区)、札樽(小樽市)、釧路三慈会(釧路市)の4病院、同2(60日まで2,058点)は札幌秀友会病院(札幌市手稲区)が届け出た。

道薬学大会で名倉氏、災害時・薬剤師の役割解説


 第61回道薬学大会が札幌市で開かれた。特別講演では名倉弘哲岡山大救急薬学分野教授が、「薬剤師しかできない薬のトリアージ〜救急災害医療から在宅医療まで」と題し、救急領域で薬剤師が果たす役割と、薬のトリアージについて説明した。
 岡山大は、薬剤師の職能拡大と6年制薬学教育に伴い、24年3月に救急薬学分野を開設。付属病院高度救命救急センターで救急医療チームとともに重症患者の診療に従事しながら、救急医療領域での教育研究を展開している。

医学部長病院長会議、診療関連死法制化で見解


 全国医学部長病院長会議は、国が診療関連死の法制化やガイドライン整備を進める中、「医療現場で診療の質が一層改善できるよう、医療者の信頼が得られる内容にすべき」とする見解をまとめた。
 見解では、診療関連死における死因究明の本質的な問題として、診療プロセス改善で医療の質を向上させる考え方と、医療過誤を犯したとして医療者を罰する意図が「対峙している」と指摘した。

苫小牧市立と日鋼記念、入退院患者の支援センター開設


 苫小牧市立病院(松岡伸一院長・382床)と、室蘭市の日鋼記念病院(勝木良雄理事長、柳谷晶仁院長・479床)は、専門職が入退院患者の不安や心配事をサポートする支援センターをそれぞれ開設した。こうした試みは、道内では北大病院や旭川赤十字病院などまだ一部に限られており、在院日数短縮や在宅復帰率が重視される中で、今後普及、拡大が見込まれている。

北海道医療ニュース一覧

2020年10月23日(金)

医師適合率5年連続90%台

2016年09月02日(金)

道内透析患者、初の減少

2016年01月01日(金)

動き出した国際化

2015年04月17日(金)

道、周産期医療の実態把握へ

2015年03月06日(金)

道、女性医師支援強化へ

北海道・札幌で転職をお考えの看護師の皆さま、まずはキャリア・フォースへお気軽にご相談ください。

「新しい職場で心機一転チャレンジしたい!」「給与・待遇アップを目指したい!」「自分や家族の希望を優先した無理のない働き方をしたい!」など、あなたの置かれている環境によってお仕事選びの基準は変わってくるものです。キャリア・フォースでは専任コンサルタントがあなたを担当し、情報収集から面接の設定、条件交渉など転職活動全般をしっかりとサポートします。だからこそ在職中で忙しい看護師さんも希望する職場へと安心して転職することができるのです。まずはお気軽にご相談ください。

職業紹介派遣 無料仮登録 開業支援事業

個人情報保護方針 Q&A 関連リンク 会社概要

お問い合わせ TEL.011-736-1113