トップページ >> 北海道医療ニュース
北海道医療ニュース 2018年(平成30年) 10月19日付

北海道医療新聞社 10/19(金)配信

道総医協に「在宅医療小委」、現状・課題を詳細に分析

 道は、在宅医療提供体制を協議するため、道総医協地域医療専門委員会に「在宅医療小委員会」(委員長・藤原秀俊道医副会長)を新設した。新しい道医療計画が2018年度からスタート。毎年度進捗状況を評価し、3年後には中間見直しを行うことから、多岐にわたる論点を詳細・専門的に議論する場を設け、在宅医療や地域包括ケアシステムの構築に向けた現状分析、課題解決のための検討、協議を進めていく。
 メンバーは道医、道歯、道薬、道看協、道病院協、道家庭医療学センター、道老健協、道総合在宅ケア事業団、道リハビリ―ション専門職協、全自病協道支部、道国保診療所施設連絡協、道社協、道老施協、道介護支援専門員協、道地域包括・在宅介護支援センター協、道消費者協会の16団体。

 

道内民間給与、医師平均55歳143万円に─道人事委18年度調査

林氏、レム睡眠との関連指摘─認知症学会シンポ

 第37回日本認知症学会学術集会(会長・下濱俊札医大神経内科学講座教授)が、札幌市で開かれた。林悠筑波大国際統合睡眠医科学研究機構准教授は「認知症における睡眠構築の破綻とその作用」、皆川栄子国立精神・神経医療研究センター研究員は「睡眠の質の低下と認知症」について、それぞれ解説した。
 林准教授は、認知症による睡眠障害は家族や介護者にも大きな負担となり、それを改善することが課題と前置き。▼認知症の発症に先立ってレム睡眠の障害がみられる▼健常者の60歳代でレム睡眠の少ない人は、12年以内に認知症発症のリスクが高い▼レム睡眠行動障害の50〜70%が、12〜14年のうちにレビー小体型認知症になる可能性が高い─などの先行研究を例に挙げ、認知症とレム睡眠の関連を説明した。

 

函館五稜郭が救急科新設、当番日以外も対応

 函館市の函館五稜郭病院(高田竹人理事長、中田智明院長・480床)は救急科を新設した。道南で同科を標榜するのは、市立函館病院に次いで2施設目。当番日以外の救急搬送受け入れのほか、診断困難症例の振り分け機能も有している。
 4月に同病院へ赴任し、救急を担当していた平山傑医師が救急科長に就任。外科を兼務する小林慎診療部長も対応に当たるほか、専任の看護師や事務スタッフも順次配置し、対応力を拡充していく意向だ。

 

石狩病院、鋼製小物の1次洗浄見直し

 石狩市の石狩病院(森川満理事長・110床)の外来・手術室看護師グループは、鋼製小物の1次洗浄方法を改善。各部署とも予備洗浄スプレーに統一し、感染リスクの低減につなげている。
 医療器材の洗浄から乾燥まで自動で行うウオッシャーディスインフェクター(WD)の普及により、鋼製小物の1次洗浄は廃止される傾向にある。同病院では、2016年11月に新築移転した際、最新の自動型WDを導入し、1次洗浄を各部署で実施している。しかし、汚染の残存やさびが発生しているケースもあったことから調査を実施したところ、部署により洗浄方法が異なっている実態が明らかになった。

 

退院許可で自宅療養可、3P増え57.2%に─17年受療行動調査

 厚生労働省は「2017年受療行動調査(概数)の概況」を公表。退院許可が出た場合に「自宅で療養できる」という入院患者は、前回(14年)より3.0ポイント増の57.2%、「できない」は4.2ポイント減の21.7%だった。
 病院種別でみると、自宅で療養「できる」は特定機能病院74.8%(できない8.1%)、大病院72.9%(9.3%)、中病院67.7%(13.4%)、小病院59.5%(17.8%)、療養病床を有する病院44.4%(32.1%)。

 

北海道医療ニュース一覧

2016年09月02日(金)

道内透析患者、初の減少

2016年01月01日(金)

動き出した国際化

2015年04月17日(金)

道、周産期医療の実態把握へ

2015年03月06日(金)

道、女性医師支援強化へ

北海道・札幌で転職をお考えの看護師の皆さま、まずはキャリア・フォースへお気軽にご相談ください。

「新しい職場で心機一転チャレンジしたい!」「給与・待遇アップを目指したい!」「自分や家族の希望を優先した無理のない働き方をしたい!」など、あなたの置かれている環境によってお仕事選びの基準は変わってくるものです。キャリア・フォースでは専任コンサルタントがあなたを担当し、情報収集から面接の設定、条件交渉など転職活動全般をしっかりとサポートします。だからこそ在職中で忙しい看護師さんも希望する職場へと安心して転職することができるのです。まずはお気軽にご相談ください。

職業紹介派遣 無料仮登録 開業支援事業

個人情報保護方針 Q&A 関連リンク 会社概要

お問い合わせ TEL.011-736-1113